レーシックを受けられない人、無理な人

⇒あの有名人も!人気のクリニックがここです!

レーシックを受けられる?受けられない?

レーシックを受けられない人もいるんです。

今流行の視力回復手術「レーシック」!

視力アップの為の治療法として人気ですよね!

視力回復を考えレーシックを受ける人も増え、芸能人、スポーツ選手などの有名人も、

多くの人がレーシックを受けていて、眼科・クリニックのホームページに掲載されていたりします。

また、自分のブログでレーシックを受けたと報告している有名人も多いですね。

テレビ番組の特集でレーシックに興味を持った人もいるのではないでしょうか。

 

視力回復の救世主であるレーシック

大がかりな手術では無いので、手軽に視力回復できるイメージがあったりしますが、

実は希望すれば誰でもOKという訳ではなく、レーシックを受けられない人がいるんです。

レーシックを受ける為にはいくつか条件があります。

ここでは、視力回復手術レーシックを受ける為の条件、レーシックとは?

レーシックの疑問、レーシック受けられるお薦めクリニックなどを紹介。

視力回復を考えているけど、自分はレーシックを受けられる人?受けられない人?

とちょっとお悩みの方の参考になればです。

 

レーシックを受けられない人

レーシックを受けられない人は以下の条件に当てはまる人になります。

 

17歳以下の人

眼球が成長過程にある為、近視が進行中であったりするとレーシックを受けられません。

妊娠中、授乳中の人

妊娠中はホルモンバランスが不安定の為。授乳中は術後に使用する目薬が、母乳や赤ちゃんに与える影響がまだ分かっていないのでレーシックを受けられないそうです。

眼に疾患のある人

白内障、網膜疾患、緑内障、円錐角膜、角膜ヘルペス、黄班部変性、視神経障害など。

術後に角膜創傷治癒過程に問題のある疾患、角膜疾患を起こす恐れのある薬剤の服用中の人も駄目だそうです。

眼以外の病気でも

糖尿病、膠原病などの病気の人はレーシックを受けられないそうです。

眼の状態によっても

角膜の内皮細胞が極端に少ない人や、角膜が極端に薄い人もレーシックが駄目だそうです。

視力によっても

近視、乱視があまりにも強い人はレーシックを受けられないそうです。

以上の条件に当てはまる人はレーシックを受けられない場合があります。

 

ただし、クリニックによる条件の違いや、症状によってはレーシックを受けられる場合もあるので

自己判断せずに専門医への相談術前検査する事をお薦めします。

各クリニックでは適応検査や無料相談がありますので、利用してみるのも良いかと思います。

 

レーシックを受ける前には事前検査を!レーシックお薦めクリニック!

検査予約、資料請求がHPから簡単にできます!覗いて見てください!

 

人気クリニック!⇒神戸神奈川アイクリニック

レーシックお薦めクリニックランキング!

レーシックを受けられるクリニックをいくつか紹介。

レーシック受ける際のポイントは、いくつかのクリニックで検査を受ける事

レーシックを受けられる、受けられないが分かるとともに、

いくつか検査を受ける事で自分に最適な視力回復法の選択、信頼できる医師選びが可能に!

最善の視力回復法を選択する為に、必ず術前検査を受ける事をお薦めします。

遠方であったり、忙しくて時間が無い場合は、資料請求してみるのも良いと思います。

 

下で紹介しているのは、人気と実績のあるクリニックです!

術前検査、資料請求などアクションを起こしてみてはいかがでしょう。

 

おすすめ第1位! 品川近視クリニック

最先端のレーシック!たくさんの手術方法!きっと自分にピッタリ合う手術方法が見つかるはずです!

症例数も多く、安全面への取り組みもしっかりしているので安心。

クリニックは東京、札幌、名古屋、大阪、福岡。


おすすめ第2位 神戸神奈川アイクリニック

神戸クリニックと神奈川クリニックが統合してできた業界屈指のクリニック。

手術法の多さ、安全性、価格など、すべてに満足できるはずです。

クリニックは北海道、東京、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡。

レーシック無料適応検査

⇒神戸神奈川アイクリニックの詳細はこちら

 

おすすめ第3位 SBC新宿近視クリニック

レーシック、近視治療、老眼治療、白内障治療、オルソケラトロジー、リレックス。

目の状態に合わせた最適な治療を選択できます!

クリニックは東京都大阪。

⇒SBC新宿近視クリニックの詳細はこちら

レーシックって?

レーシックとは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomileusis」を略した言葉です。

視力回復手術の中で最も有名な方法がレーシック。

人間の目は、カメラに例えるとレンズにあたる水晶体の膨らみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせています。

このピントの調節がうまくできなくなる事で視力は低下してしまいます。

レーシックは、角膜を薄皮一枚めくりレーザーを照射して、角膜の内部を削ります。

その結果、角膜の屈折力が変化して、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせる事がで可能になり、視力を回復する事ができるという仕組みになります。

入院の必要も無く短時間で済み、レーシックを受けた人が必ず視力回復するという訳ではありませんが、成功率も比較的高い事から視力回復法の主流になりつつあります。

 

レーシックを受けるまでの流れとしては、レーシックを受けるクリニックを予約した後、

適応検査、カウンセリング⇒手術前の精密検査⇒手術⇒術後検診   という流れになります。

レーシックQ&A

レーシックに関する疑問をいくつかQ&A形式で紹介。

Q、レーシックは術後どれくらいで視力回復?

A、レーシック手術後すぐに効果が出るそうです。翌日にはほとんどの人が視力回復するそうですよ。

Q、失明の危険性は?

A、角膜の表面に行う手術で、眼球の内部の治療は行わないので失明の可能性はないそうです。

Q、老眼になるのが早い?

A、老眼になる事は避けられない事で、老眼になるのが早いのではなく、老眼に気づくのが早くなるのだそうです。

Q、レーシックのデメリットは?

A、夜間に光の周囲がにじんで見える現象、ドライアイ、結膜下出血など合併症、副作用のリスクはあるそうです。

Q、レーシックの失敗は?

A、コンピューター制御の精密なレーザー機器の使用、きちんとした適応検査をするので安全と言えるようです。

 

*レーシックを受けたら絶対視力回復するという訳でなく、当然レーシックの効果には個人差があります。

レーシックの失敗が気になる人も多いと思いますが、レーシック失敗のリスクより、

レーシック後に副作用のリスクがある事は念頭に置いておいた方が良いかもしれません。

必ず専門のクリニックで適応検査を受け、不安な点、疑問な点を質問し、納得してレーシックを受ける事をお薦めします。